庄内交通

  • English

お知らせ

消費税率引上げに伴う乗合バス(路線バス)の上限運賃改定の申請について

2019/08/13

 弊社では令和元年5月27日付で、国土交通大臣に一般路線バス運賃の消費税率引上げに伴う運賃改定申請を行いました。認可された場合、改定後実施運賃は下記のとおりとなります。申請理由および申請概要は下記のとおりです。
 消費税につきましては、消費者皆様に広く公平ご負担いただくものであり、その趣旨のもと今回、消費税転嫁による運賃改定を実施させて頂くこととなりました。
 弊社バスをご利用のお客様にはご負担をお掛けいたしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

1. 申請理由
 令和元年10月1日より実施される消費税引上げに伴う、税負担増加分の運賃への転嫁の為。

2. 申請概要
(1)申請日:令和元年5月27日
(2)運賃改定実施予定日:令和元年10月1日(予定)
(3)改定上限運賃の平均改定率:1.0179%
(4)現行・申請運賃比較
 ①対キロ区間制(初乗り運賃)
  大人普通片道運賃現行190円→申請200円
 ②賃率区間の申請運賃
  大人普通片道運賃
  
  現行運賃に110/108を乗じ、10円未満の端数を四捨五入にて算出。
  ただし、利用者のウエイトが大きい区間は、10円未満の端数を切り上げにて算出。

③定期券運賃
 上記②により算出した改定普通運賃を基準運賃額として、制度通達に基づく定期券運賃の計算方法により改定定期券運賃額を算出。(10円未満の端数を四捨五入)
 令和元年10月1日以降の通用期間を令和元年9月30日までに購入の場合、定期券運賃額は現行どおりになります。

④回数券運賃
 既設の回数券は令和元年10月1日の消費税率改定後も継続して利用可能です。
 普通回数券の各券種の内容・割引率・販売額に変更はありません。
 区間指定回数券に関しては、内容・割引率の変更はありませんが、販売額は区間運賃により変更となります。

⑤営業割引運賃等
 ゴールドパス(高齢者専用定期)・運転免許証返納者割引定期に関しては、令和元年10月1日改定後の基準運賃により改定定期券運賃額を算出し、変更となります。
 令和元年10月1日以降の通用期間を令和元年9月30日までに購入の場合、定期券運賃額は現行どおりになります。

(5)その他
  上限運賃認可の対象となっていない協議運賃による委託バスは今後届出する予定です。

 その他、詳細な改定内容につきましては、認可を受け次第お知らせいたします。