庄内交通

  • English

お知らせ

飛沫防止パーテーション(間仕切り)の導入について

2021/03/01

 平素より、庄内交通の高速バスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
新型コロナウイルス感染予防対策として、酒田・鶴岡から仙台、山形を結ぶ都市間の高速バス車両の座席に飛沫防止パーテーション(間仕切り)の導入を3月1日より順次開始いたします。
今後も感染拡大予防ガイドラインに基づき、感染防止の取り組みを適切に実施して安全運行に努めて参ります。運休を継続している路線・ダイヤもあり、ご利用のお客様には引き続きご不便をお掛けしますが何卒ご理解のほどお願い致します。
 

 
◆飛沫防止パーテーション(間仕切り)を導入する路線
①酒田・鶴岡~仙台線
②本荘~酒田・鶴岡~仙台線
③酒田・鶴岡~山形線
④鶴岡~山形線
 
上記の各路線で、令和3年3月1日(月)より順次導入いたします。
尚、共同運行会社(宮城交通・山交バス・羽後交通)全社でも順次導入となります。
 
◆各座席の背もたれに間仕切りを設置し、せきやくしゃみ等の飛沫が前の座席の乗客に届くのを防ぎます。
◆バスの乗客の皆様へ感染予防のお願いを掲示しております。
 バス乗車時は「手指消毒」、バス車内では「マスク着用」「ご飲食・会話は控えて」等
 
 
 
  
<問い合わせ先>
庄内交通㈱  酒田営業所 高速バス担当 藤塚・佐藤 TEL:0234-33-7255